建国記念日とは?正しくは建国記念の日


【 スポンサードリンク 】


建国記念日は、正しくは建国記念の日。
一般に「の」が省略されることが多いが正しくは建国記念の日。
元々は1948年に廃止された「紀元節」のことだそうだ。

ちなみにその「紀元節」も現在と同じく2月11日で祝日だった。
ただし、戦前のこと。


なので、建国記念日を語るには、まず紀元節を知る必要がある。


戦前の紀元節は、1872年(明治5)年に、神話に基づいて制定。
神武天皇の即位日を祝日に定めたものだとのこと。
(ちなみにこの神武天皇は初代天皇で、架空の人物らしい)

その後1930年以降の国家神道=天皇は日本建国の「神の子孫」で
故に「現人神」である的な流れの中で、
この紀元節は次第に天皇神格化の象徴的な日となっていった訳だ。


その後大戦に敗れ、GHQにより「天皇の神格の否定・政教分離」の
指令に伴い、この紀元節という祝日は廃止された。


ところが、1951年以降、その復活を望む声が日増しに強くなり、
国会でも数年にわたって議論され、復活も現実味を帯びてくる。

とは言え、
天皇神格化の象徴的な「紀元節」をそのまま復活ということには
あまりにも抵抗が多過ぎ(特に野党から)、最終的にその名称を
「建国記念の日」とすることで決着をみたのだという。

つまり、「日本が建国された日」という意味合いを除外し、
また、それがいつだったかもさておいて、
「日本が建国されたという事実を記念する日」となった訳である。
なんとも回りくどい表現ではないか…?

ちなみに、上記のように制定されたこの記念日だが、
制定当初はそれをいつにするのかは決まっていなかったそうだ。
2月11日ではなく「政令で定める日」となっていただけなんだとか。

これを決定するために、新たに有識者による委員会が設置されて、
議論された結果・・・
結局は、戦前の「紀元節」と同じ2月11日になったんだそうだ。

でもこれって・・・
格式ばった遠回りをしただけで、
紀元節の復活と大して違わないように感じるのは私だけだろうか?




【 スポンサードリンク 】



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です