プール熱は冬でも流行る!?症状や予防・対策


【 スポンサードリンク 】


一般に夏に流行するプール熱だが、冬にも流行することがある。
現に真冬のこの時期、九州や中国地方の一部で大流行していて
警報レベルだそうだ。

プールで感染することが多いため一般にプール熱と言われるが
正式名称は「咽頭結膜熱」

プール熱というくらいで、夏のイメージが強いのに、
「なぜ冬のこの時期に?」と疑問に思われる方も多いだろう。

その理由はといえば、感染源がウイルスなので、
季節を問わず感染する可能性は一年中あるわけだ。


感染経路は、飛沫感染と接触感染。

クシャミや咳など、唾液などを介してうつるのが飛沫感染。
密接に近くにいることでうつるのが接触感染。

感染力はかなり強く、親子兄弟など家庭内でうつることも多い。
目ヤニ等にも感染力があり、ウイルスは喉や目から体内に侵入。
5~7日の潜伏期間を経て発症するケースが多い。


【 プール熱の症状 】

正式名称は前述の通り「咽頭結膜熱」
その名前が指し示す通り、主な症状は喉と目と発熱など。

具体的には…

・40℃前後の高熱が5日前後続く
・白眼の部分の充血(結膜充血)、ひどい目ヤニ
・喉の痛み(咽頭痛)、喉が赤みを帯び腫れる(咽頭発赤)

他には、全身倦怠感、頭痛、食欲不振なども併発する。

発熱は39℃以上で五日ほど続くこともあり、大変つらい。
しかし、治ると嘘のようにスーッと引くのも特徴の一つ。
また、時に肺炎を引き起こすこともあるので注意が必要だ。


【 プール熱の予防法 】

これは当たり前だが、何よりまず感染者との接触を避けること。
そして、ほかの多くの感染症と同様、うがいや手洗いは有効だ。

また、プールでは前後のシャワー、特に後のシャワーを念入りに。
そして、プールを出た後の目洗いやうがいは徹底的に行うこと。

最近は温水プールやスパなど、年中使える施設も身近に増えた。
そういったことからプール熱も夏だけのものではなくなっている。
夏のものと侮らず、きちんと予防したいものである。


【 プール熱の治療法 】

プール熱のウイルスに対する特効薬は残念ながらないそうだ。

したがって…

・安静にして、十分な睡眠をとり、免疫力の低下を防ぐ
・脱水にならないよう、十分な水分補給を行う
・高熱時には解熱薬を使用。(ただし一時的にしか利かない)
・喉の痛みには、うがいや鎮痛薬の服用
・目ヤニや充血には抗生剤やステロイド系の点眼薬の使用
・眼の痒みには、抗ヒスタミン薬やステロイドの点眼薬を使用

特に、脱水を防ぐための水分補給はなにより大切だ。
また、喉がかなり痛いはずなので、電解質を含む飲料がお勧め。
下痢などの症状がない場合は、少し冷たい飲料の方が楽になる。

発症したら特効薬がないことから、自然治癒を待つしかない。
従って、少しでも辛い症状を抑えられるよう市販薬を使ったり、
医療機関で適切なお薬を処方してもらおう。
でも、前述の通り特効薬はないので、さすがのお医者さんでも
症状緩和の薬しか処方できないので過度な期待はすべきでない。


とにかく感染しないように予防を心掛け、
ありきたりだが、普段から手洗いうがいをするのは効果的だ。
そして、万一感染してしまったら免疫力を高めることが大切。


また、家族で誰か一人でも感染したら、特に気をつけよう。
全員がかかってしまったら大変なことになる。
食器を使い回さないとか、タオルも使いまわさないとか、
少しでも予防できることは労を惜しまず何でもやろう。

また、お子さんのいるご家庭で、子供さんが万一感染した場合、
プール熱は学校保健法で第二種伝染病に指定されている関係で、
出席停止になり登校はできない。
症状がなくなってから概ね二日経過したら登校が可能になる。

高熱が続き、お子さんにはかなりつらい症状だ。
親御さんは、自らが感染しないように気をつけつつ、
やさしく看病してあげて欲しい。




【 スポンサードリンク 】



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です