朝ドラ初!外国人ヒロインってどんな人?


【 スポンサードリンク 】


一世を風靡した「あまちゃん」
続く「ごちそうさん」

少し前だと「ゲゲゲの女房」
ものすごく昔だと「おしん」

NHKの朝ドラは、ストーリーやヒロイン、視聴率などで
いつも大いに話題になります。

そしてなんと!
今度のヒロインは、朝ドラ初の外人さんなんだそうです。

そのドラマとは今秋スタートの連続テレビ小説「マッサン」

ニッカウヰスキーの創業者「竹鶴正孝」と
その妻でスコットランド出身のリタさんがモデルのドラマ。

主役夫婦に選ばれたのは玉山鉄二さんと、
アメリカ人女優シャーロット・ケイト・フォックスさん。
劇中では「亀山政春」「亀山エリー」という役柄だそう。

で、驚きはフォックスさんの起用でしょう。
この方、日本ではなじみがなく無名と言ってもよさそう…。

それもそのはず、今回の発表会見が初来日だそうです。

本名は、Charlotte Kate Fox さん。
1985年8月14日生まれ。

身長167センチ。髪はブルネット。
光の加減でグリーンにも見える薄いブラウングレー色の瞳。
出身は米ニューメキシコ州、サンタフェ。

ちなみに今のところ日本語は全く話せないというから驚き。

5月のクランクインに向けて猛特訓するとのことですが、
知らない言葉で台詞を覚えるって並大抵ではないでしょう。

まして今回のドラマはNHK大阪の制作。舞台も恐らく関西。
となると、台詞って関西弁?
だとしたら、言葉を覚えるのはますます大変そうですね…。

それに加えて、役どころの「亀山エリー」ことリタさんは、
日本語が達者だったということですからますます大変です。


それにしてもこのフォックスさん。
今回のヒロイン募集をネットで知って応募したんだそうです。

憶測ですが、応募者の中には、恐らくすでに日本語が達者で
日本に住んでいる外人さんもいたことでしょう。
もしかするともっと有名な女優さんもいたかもしれません。

それが日本に来たこともなく、日本語も話せないというのに
見事ヒロインの座を射止めたのだから
やはり何か特別な魅力をもっていたのでしょう。

朝ドラ初の外人さんヒロイン。
その話題性だけでなく、堂々たる演技に期待がかかります。




【 スポンサードリンク 】



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です