年度とは? 普通の年(暦年)と年度の違い


【 スポンサードリンク 】


年度って分かり難いですよね?
けっこう間違った使われ方もしています。

では年度ってなんでしょう?

一般的な年度とは、4月1日~翌年3月31日までの1年間のことです。
これに対して、いわゆる普通の1年、
元日である1月1日に始まって12月31日に終了する1年間は暦年です。

例えば、平成26年3月31日は、年度でいうと平成25年度にあたり、
暦年でいうとそのまんま平成26年となります。

また、翌日の平成26年4月1日は、年度でも暦年でも平成26年です。
誰も祝ったりしませんが、4月1日年度のお正月というわけです。
(皆さんこの日はエイプリルフールとしての認知してますね)

また、ちょっと小難しくなりますが…
政府や地方自治体といった「役所」で使用されている「年度」は、
「会計年度」のことを指します。

・年間予算は4月1日に執行を開始し
・3月31日を締め日として
・年度で清算される

という風に、財政法や地方自治法で定められているからなんですね。

よくあるじゃないですか?年度末に道路工事が多かったりすること。
あれって、予算を使い果たして、次の年(年度)の予算を確保する
そういう狙いというか思惑があるんでしょうかね…。

ただ、この4月1日を起点とする年度は前述のように役所に関してで、
一般の企業の会計年度は、各企業毎に定められています。
事業会計年度が1月1日~12月31日のように普通の暦年の企業もあり、
年度の全てが4月1日を起点にしているわけではありません。

例えば、決算日が8月31日の企業の場合は、
平成25年9月1日~平成26年8月31日までが平成25年度にあたります。
また、上記企業の場合、年度末は8月31日ということになります。


それと学校などもそうですね。
日本の場合は4月1日を起点として学期や学年が始まります。
アメリカなんかは9月1日からが新年度です。

この年度いう考え方、分かり難いし間違って使われることも多くて
なぜ必要なのかとも思いますが、まぁ基本的に役所的な位置づけ?
なのかもしれませんね。

でも、日本の場合、学校は1月に新入学より4月がいいですよね?
桜も咲いて春の訪れと共に新たな門出… みたいな感じが清々しい。




【 スポンサードリンク 】



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です