いまさら聞けないお彼岸のあれこれ


【 スポンサードリンク 】


「暑さ寒さも彼岸まで」までとか言いますが、
そもそもお彼岸ってなんでしょう…。

彼岸の中日が「春分の日」や「秋分の日」で祝日だったり、
一般に昼の長さと夜の長さが同じと言われていたり。
そんなことくらいしか思いつかないのではないでしょうか?

そんなお彼岸についてちょっと紐解いてみましょう。


【 お彼岸っていつ? 】

お彼岸には春(春彼岸)と秋(秋彼岸)があります。

それぞれ、
春分の日(3月21日頃。年により変動)と、
秋分の日(9月23日頃。年により変動)を中日として、
その前後の三日を合わせた七日間を彼岸といいます。

今年(2014年)のお彼岸は・・・

【 春彼岸 】 
3月18日:彼岸入り
3月21日:彼岸の中日(=春分の日。祝日)
3月24日:彼岸明け

【 秋彼岸 】 
9月20日:彼岸入り
9月23日:彼岸の中日(=秋分の日。祝日)
9月26日:彼岸明け


【 お彼岸のお墓参り 】

では、なぜお彼岸にお墓参りするのでしょう…?

春分の日と秋分の日は、太陽が真東から昇って真西に沈みます。
つまり、昼と夜の長さがほぼ同じになるわけです。
(完全に同じではないそうです)

お彼岸にお墓参りに行く風習は、実はこの太陽に関係しています。

仏教の世界では、
生死の海を渡って到達する悟りの世界を「彼岸」と呼んでいます。

また、その反対側、
つまり私たちが生活している「迷いや煩悩に満ちた世界」を
此岸といいます。(しがんと読みます)

そして、彼岸は西に位置し、此岸は東にあるとされています。

太陽が真東から昇って真西に沈む貴重な春分の日と秋分の日は、
この「彼岸」と「此岸」が最も通じやすくなると考えられていて、
いつしか先祖供養をするようになったとのことです。

分かるような分からないような話ですが、
要は、生死の海を渡った先と、この世が一直線になっている…?
そういうことでしょうかね。


ではこのお彼岸のお墓参りの習慣は日本だけなのでしょうか?

結論から言うと、お彼岸の風習はインドなど他の仏教国にはない
日本だけの行事です。

日本では、お正月など神道にまつわる行事が一般化していますが、
同時に仏教を説いた釈迦の教えも広く受け入れられてきました。
神道と仏教がコラボしているわけですね。

お彼岸は「日願」でもあるため、
太陽の神を信仰する神道と近いものがあって受け入れやすかった?
ということもあるのでしょう。
ちなみに「日願」も同じく「ひがん」と読みます。

また、昔から農耕民族であった日本人にとって、
春の種まきや、秋の収穫は何にも勝る関心事であったでしょう。

秋の豊作を祈念し、春にタネを蒔く。

そんな自然に対する感謝や祈りが、
ご先祖様に対する感謝の気持ちにもつながっていったのでしょう。

それを象徴するように、お彼岸の中日である
「春分の日」と「秋分の日」は国民の祝日に定められています。

祝日法による趣旨は・・・

春分の日は「自然を讃え、生物を慈しむむ日」で
秋分の日は「祖先を敬い、亡くなった人々を偲ぶ日」です。




【 スポンサードリンク 】



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です