三寒四温の本当意味と使い方


【 スポンサードリンク 】


よく春先に使われる「三寒四温」

イメージ的には…

春が近づき、三日寒くても四日温かく
そうやって春が近づいてくるんだね…?

みたいなニュアンスで使う人が多いですが、
それって丸っきりの誤りです。

正しくは…

冬の間に、寒い日が3日ぐらい続くと、
そのあと比較的温暖な日が4日ぐらい続いて、
寒暖が繰り返される現象。 を言います。

どうですか、正しく理解してましたか?
今まで間違った使い方してませんでした?


でもこういう言葉がある割には、
日本でこのような現象は起きることは少なく、
実際には一冬で1回ほどしかないそうですが。


でもどちらかといえば、冒頭に書いた
誤った使い方の方がピンときませんか?

春を待ちわびて、
寒い日より暖かい日の方が増えていく…
みたいな。

個人的にはそちらの解釈の方が好きですが、
間違いと言われれば使えませんね(笑)

そういえば、逆の言い回し、
例えば、秋が深まり冬が近づいた頃に…
「三温四寒」なんて言わないもんね。。


はい、輪郭がぼやけたところでまとめです。

「三寒四温」という言葉の意味は、
冬季に、寒い日が3日、比較的温暖な日が4日
という周期で気温が変化することを指します。

時期は秋の終り~春先までの「冬の間」です。

お間違いなく。




【 スポンサードリンク 】



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です