コンピューター


【 スポンサードリンク 】


JR東日本が「JR東日本アプリ」の公開を発表しました。
対応OSはiOSとAndroid。公開予定日は来る3月10日。

よくありがちな今一内容のない企業の情報アプリとは
一線を画し、かなり使える本気度の高いアプリのよう。

では内容の一部をご紹介しておきましょう。

【 一般的な機能】

駅の改札口に設置された遅延情報を表示したディスプレー。
皆さんも見かけることが多いですよね?
あれと同じものがスマートフォンでも閲覧可能になります。
首都圏以外の電車(東北・信越・在来線特急・新幹線)も、
閲覧可能です。もちろん公式の遅延情報です。

その他、乗換え案内では分からなかった列車の編成情報や
到着ホームなども見ることができます。
ただし、この機能は開始段階では首都圏主要駅のみの提供。
具体的には、東京・上野・新宿・品川の各駅のみ。

更に驚くべきは、画面上で遅延証明書を出してくれます!
遅れた上に証明書をもらう列でさらに遅れるということが
今後はなくなるでしょう。

【 車両の情報が分かる 】

これまではWebサイトでだけ提供されていた、みどりの窓口・
バリアフリー情報・構内図がスマートフォンで提供されます。

更に東京駅ではコインロッカーの空き状況がリアルタイムで
確認できます。

今までは重い荷物を持って行っても空いてないなんてことも
しばしばでしたが、これがあれば行く前に空きが分かります。
スマホで簡単に調べらるなんてすごくないでしょうか?

最も驚かされるのは、やはり列車内での情報表示でしょう。

山手線の電車に乗ってJR東日本アプリを立ち上げると・・・
自分の乗っている編成車両の位置が自動的に判別されます。
そして、その情報がスマホに表示される仕組みです。

路線図と次の停車駅の表示にとどまらず、各車両の混雑度と
更には気温などを表示してくれます。これはすごいですね!


JR東日本を利用するスマホユーザーはぜひご利用ください。



【 スポンサードリンク 】



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます