暮らしと文化


【 スポンサードリンク 】


お花見といえば桜、それもソメイヨシノ(染井吉野)が定番です。

ソメイヨシノは、大島桜と江戸彼岸桜を交配して作り出された品種で、
江戸時代末期に、染井村(現在の東京都豊島区駒込)の植木職人により
完成されました。

ソメイヨシノの名前の由来は、
上記染井村の「染井」と、桜で名高い奈良県吉野の「吉野」のコラボ。


ちなみに、
ソメイヨシノの母に当たる大島桜の特徴は、花と葉が同時に開くこと。
花が咲き終える頃に葉が出るソメイヨシノとはここが大きく異なります。

花は大きく香りも良く、花の形等はソメイヨシノに似ています。
というかソメイヨシノがその特徴を引き継いでいます。

ちなみに和菓子の桜餅を包んでいるのがこの大島桜の葉です。
伊豆地方に自生する自然の桜です。


またソメイヨシノの父にあたる江戸彼岸桜は、ソメイヨシノと同じく
花が咲いた後に葉が出ます。こちらは枝垂桜で長寿なのが特徴。


これらを交配したことで得られたメリットは、
葉が邪魔することなく花のみを堪能できるということ。

つまり大島桜の特徴である持つ美しさと華やかさを存分に楽しめるのは、
ソメイヨシノが、花が終わるまで葉が出ないという江戸彼岸桜の特徴を
併せ持ったからに他なりません。

父母の利点を上手く受け継ぐ逸品だったので瞬く間に庶民の支持を得て、
それ以来現在に至るまで国民的人気を得ています。


更に、このソメイヨシノ、成長が早く十年ほどで立派な木に成長します。
そのため、明治時代には全国の公園、学校、河川沿い、街道沿いなどに
次々植えられ、日本で最もポピュラーな桜になりました。
今では全国の桜のおよそ80%がソメイヨシノです。


ところでこのソメイヨシノ、驚くことに自力で繁殖することができません。

前述の通り、元々観賞用として人の手により交配した品種のため、
繁殖して増えていくということはないんですね。

したがって、全国にあるソメイヨシノは、なんと!
一本の原木から接ぎ木や挿し木で増やした、いわばクローンという訳です。

そのため、同じ条件の元で一斉に咲き出します。なにせクローンですから…。

これがお花見や気象観測にとても適しているわけですが、
造られたのが同じ時期の木々の場合、寿命も一度に訪れることが考えられ、
お花見スポットなどはその対応が課題といえるでしょう。


華やかに咲き、散りゆく様も美しいものですが、なにしろ年に一度のこと故、
今年も桜が見られてよかったなどと感慨深くなったり、
その美しさを目や脳裏に焼き付けておこうなどと思ったりもするものですが、
なにしろ花の見ごろは「花七日」と言われるほど短いものです。

今年はどこで、どんな桜を、どんなふうに眺めるのか…。
桜の開花はそう遠くありません。



【 スポンサードリンク 】



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます