政治


【 スポンサードリンク 】


歴代の首相や閣僚などが靖国神社を参詣すると騒ぎになる。

興味は人それぞれだろうが、少なからず報道はされるので
興味がない人でも目にする機会は少なくないだろう。

ではなぜ近隣諸国も含めてそんなに騒ぎになるのだろう?
そして、騒ぎになるのを知っていてなぜ参詣するのか…?

その辺を考えてみたいと思います。
(ちなみに私も靖国問題にはあまり興味がない一人)


まず、靖国神社の成り立ちだが、
建てられたのは1869年、明治維新の翌年のことだそうだ。
思ったよりも歴史が浅い印象を受ける。

明治維新の頃のことなので、歴史の勉強っぽくなるが…
新政府軍と旧幕府勢力の戦いである戊辰(ぼしん)戦争
(1868年~1869年)の犠牲者を悼む為に建てられたとか。

その後、時代は明治から大正~昭和へと進み靖国は…

戦前は陸軍と海軍の共同管理で、国家神道の柱だったが、
戦後は国家神道の廃止に伴い、現在は一般の宗教法人だ。
日清、日露、第二次世界大戦などの戦争で犠牲になった
軍人の方々、およそ247万人がまつられているそうだ。

戦争で犠牲になった軍人さんをまつっているのだから、
ましてや職業軍人のみならず、民間から召集された人も
まつられているのだから、参詣に特に問題も感じないが、
政治家が参詣するとなると話は別のようだ。


まず、「政教分離」という観点。

前述のように、今では一般の宗教法人である靖国神社。
そこに首相が参詣するのは「宗教活動」にあたるか否か?
そういった問題があるのだそうだ。
それが憲法の定める「政教分離」に抵触するという考え方。
首相に限らず、閣僚が参詣しても同様の議論は起きる。

でも、国民から選ばれ、且つ議会で首班指名された首相は、
いわば国の代表である。その代表が過去に国の為に戦って
命を落とした軍人をお参りするのがそんなに悪いこととも
個人的には思えない。(ちなみに私は右でも左でもない)

まぁ、その辺が恐らく私のような政治の素人の考え方で、
政治的には色々と問題なのだろう。
参詣に臨む際の立場(私人・公人)の問題もあるのだろう。


次に、「A級戦犯の合祀(ごうし)」という観点。

A級戦犯とは、太平洋戦争(第二次世界大戦)を率先指導し、
通称 東京裁判=極東国際軍事裁判で重大戦争犯罪人として
起訴された人のことをいう。
東条英機という名なら聞いたことのない人もいないだろう。

そのA級戦犯のうち、東条英機ら14人が靖国神社に祀られた。
1978年のことだ。
他の亡くなった軍人と共に祀られたので合祀というのだろう。

靖国神社に眠る軍人さんは前述の通り247万人にものぼる。
その内、わずかといっては語弊もあるがA級戦犯は14人だ。

しかし、
数の多寡ではなく、先の大戦を指揮した職業軍人が祀られた
そういう施設に、国を代表する首相や閣僚が参詣するのは、
「侵略戦争の正当化」だといって中国、韓国などは反発する。

人の国ことは放っておけという気もするし、
中国・韓国のことだ、やいのやいの言うのも十分に分かる。

では日本の政治家が行かなければいいという気もしてくるが、
偉くなると過去の過ちを再認識したりしているうちに・・・
きっと靖国に眠る精霊たちに手を合わせたくなるのだろう。
その気持ちには恐らく、A級戦犯が14人合祀されているとか
侵略戦争の正当化などは微塵もないに違いない。

騒ぎになるのを承知の上で参詣するには、
私などが否定も肯定もできない秘めた思いがあるのであろう。



【 スポンサードリンク 】



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます