Monthly Archives: 1月 2014


【 スポンサードリンク 】


マー君こと田中将大当社のニューヨークヤンキース移籍により、
マー君の妻である里田まいも当然ニューヨーク入りする訳だが、
手料理や栄養管理でマー君の活躍を支え続けた里田まいさんに
ちょっとした暗雲が立ち込めている。

それは、日米の違いにより日本の良妻は米国では悪妻だからだ。

日本の野球の場合、前述のまいさんの様に、選手である夫を
手料理や栄養管理という側面から家庭的にサポートする。
つまり内助の功に徹することが日本の野球界では良妻とされる。

しかし、MLBつまり大リーグの選手の妻というのは趣が違って
家にこもって食事を作って待っていてはダメなんだそうだ。

率先して球場へ出向いての応援活動はもとより、頻繁に行われる
球団主催のチャリティー活動などでは、夫である選手に代わって
夫人自らが球場内をくまなく歩き、サインボール等のグッズ類を
ファンに直接手売りする。

また、頻繁に行われる球団主催のパーティーには夫と共に出席し、
そこでは社交性も多分に求められる。
なにしろアメリカだ。パーティー好きなのは周知の事実。
おまけに高給取りが集まるMLB。中でも超一流のヤンキースだ。
何かにつけてやることもかなり派手であろう。

幸い里田まいは、あのメジャー新聞、ニューヨーク・ポストに
「驚くほど美しい妻」と書かれたほどの美貌の持ち主。
メジャーの派手妻に勝るとも劣らぬ存在感は発揮するだろう。

話を戻せば、
こういった派手な活動を要求されるのがMLBの妻たちである。
今まで、内助の功でマー君の活躍を支えたのとは勝手が違う。

とは言え、里田まいさんにはそれらをうまくこなして
日本のみならず、大リーグに於ける良妻をも勝ち取って欲しい。

ご本人の性格等知る由もないが、少なくとも芸能界での経験は
恐らく大リーグにおける社交性にも役立つのではないか?



【 スポンサードリンク 】



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます