Tag Archives: TPP


【 スポンサードリンク 】


軽自動車といえば、規格が制限された日本独自の仕様。
ある意味ガラパゴス化された存在ともいえる。

なにしろ、排気量660cc以下、全幅1480ミリ以下など
サイズが制限されているので、今までは海外メーカに
参入チャンスはほとんどなかったと言える。
(唯一、メルセデスの二人乗りスマートくらいか…)

ところがだ、その軽自動車の分野になんと・・・
イギリスのスポーツカーが登場したというではないか。
それもあの名門スポーツカー「ケータハムセブン」

ケータハムセブン130として今春デビューするそいつは、
あろうことか、日本の軽自動車の規格に合わせて作られ、
軽自動車として登録されるという。

心臓部は、スズキの660cc、3気筒DOHCターボエンジン。
5速マニュアルトランスミッションとの相性も抜群で
爆発的なパフォーマンスを発揮するとのこと。
0→100は6.9秒、最高速度は160キロのパフォーマンス!

軽自動車は税金で優遇されており、それが海外からは
参入を阻んでいると、時に批判の的になっていた。
アメリカは、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の
交渉などで、軽規格の撤廃を日本に求めている。

ところがだ、
海外メーカーも軽自動車を作れることを実証したのが、
今回のケータハムセブン130だ。
これにより、軽自動車の優遇に批判的な諸外国に対して
一石投じたかたちになったのではなかろうか?

外国の自動車メーカーでも、やる気さえあるならば、
日本の軽規格に合わせた車を開発できることの証しで、
軽が輸入障壁ではないと主張できる好材料に違いない。

いずれにしても、TPPをはじめとする日米通商交渉で、
日本側が有利となるのはほぼ間違いないことであろう。

あっぱれケータハムセブン!

とはいえ、この車、庶民が気軽に買える値段ではない。
日本仕様セブン130の本体価格は349万6500円・・・

軽にこの価格、ちょっと勇気がいる金額だ。



【 スポンサードリンク 】



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます